縫って編んで・・・時々旅。

気ままな物づくりと今までとこれからの旅写真の徒然日記です。

ダルマさんの毛糸の手染めワークショップへ

秋…というにはまだ暑かった九月下旬。
ダルマ糸染色ワークショップへ参加してきました❗

ワークショップを知ったのはまだ8月…果たして平日京都日帰り可能か否かもわからず、とりあえず申し込まないと!と息巻いて京都日帰りを決めたのでした。

へたれな私は早朝の新幹線に乗って滞在時間を伸ばすという努力はせず←
ゆるゆると京都へ。

ダルマさんの紫野工場のあるところは私は初めて降りる場所で、京都駅からバスに揺られること20分ほど。
途中晴明神社などが車窓から見えました。

バスの時間が読めなかったのでだいぶ早めに着いてしまい、バス停近くにある紫式部小野篁の墓へ寄ってみたり

f:id:ykberry:20191018212125j:plain

紫式部の墓の碑には紫式部が植えてありました。


f:id:ykberry:20191018212204j:plain

中で学生さんを連れた先生?にお会いして、「学生さんかな!?ここを知っててわざわざいらっしゃったの?京都楽しんでね!」と
いやー学生はとうの昔に卒業しました笑
小野篁六道珍皇寺は行ったことありますが、お墓は初めてで多分ダルマさんのことがなければ来なかった場所だと思います。

ちなみに玄武神社なる場所もありましたのでお参りに。


f:id:ykberry:20191018212525j:plain

絵馬も玄武柄でした。

f:id:ykberry:20191018212542j:plain

ちなみに玄武神社があるのなら朱雀神社とかあるのかな?と調べてみたらありませんでした。
ありそうだけども。

というわけで、近所散策をして
いざいざ時間が来たので工場へ!

8人でワークショップとのことで、
ステンレスのお鍋と毛糸が1カセが8個並んでいました。


f:id:ykberry:20191018213241j:plain

黄と青と赤の3色の染料を混ぜて好きな色を作ります。
アドバイスを頂きながら8人8色のまるで違う色を作っていきます。
私は濃い青紫にしたかったので、メインは青で赤を少しずつ、黄色を更に少しずつ入れて作っていきました。

f:id:ykberry:20191018213803j:plain

糸はいちど水を通して濡らし、軽く絞ります。



f:id:ykberry:20191018220150j:plain



いざ染料を鍋に入れ
糸を入れ
火にかけながらグルグルと全体に行き渡るようステンレスの棒?を使ってまわします。
(この棒、とても画期的で絡まずに撹拌できる!初めて見ました!※田中直染料店にも売ってました)

f:id:ykberry:20191018213955j:plain

この濃い染料がどんどん毛糸まわして染まっていくほど薄くなっていくんです!


f:id:ykberry:20191018214317j:plain

だいぶ薄く


f:id:ykberry:20191018214354j:plain

ほぼ透明?!

なんかまるで理系では無い頭なので←
科学ってスゴいな!みたいな感想しか出てこないんですが苦笑

よくTシャツ染め用とかでユザ○ヤなどで売っている染料はこうはならないですよね。
先日やったお茶染めもこうはなりませんでしたし
驚きました。
科学ですね~(語彙力の無さ)


染める工程の間も、実際に毛糸を染める作業工程のお話して頂き
羊毛と綿糸の違い。
ロットのこと。
いかに同じ色に染めるかはが技術がいるかということ。
ここでしか聞けないお話がたくさん聞けました。


そんなこんなで染色完了です!
グツグツ煮えてる鍋を徐々に冷やして
※徐冷というらしい。
自然に温度が下がるのを待つのでもよいとのことなので、家でやるときは放置かな!(そのほうが楽だ)

そんな徐冷されるのを待つ間は工場を見学です。

1日何トンも水を使い
大量の糸を均一に染めることの難しさ

染色用の巨大な機械も



f:id:ykberry:20191019152844j:plain


脱水機や乾燥機も。
考えようによっては同じ工程かな🤔
規模は違いますが

とにかく染色中は暑いそうで。
真夏の京都!ですら外に出ると涼しく感じられるそうです。

(作業していた部屋も最初はクーラーギンギンだったのが、8つのコンロでグラグラお湯が煮えるとあっという間に暑くなったので…その何倍と考えると( ̄□||||)
きっと染色工場で働く方々は太った人なんていなさそうですね~


さてさて、戻ってきました。
脱水機に1度かけています。
f:id:ykberry:20191018215142j:plain
ちょっと生乾き。
この状態で家に持って帰りました。

家に帰って3日じゃ微妙だったので5日干しました。
最初新聞紙の上で、途中からニット用の物干しネットで

f:id:ykberry:20191018215624j:plain

乾いたのがこちら!

f:id:ykberry:20191018215729j:plain

どーんっ
なんとなく明るくなりました。
いいムラ感(^o^)
それに初めて見た白い状態の糸に比べるとまるで違う糸のようなふっくら感が!
ふわふわのさわり心地です。


何を編むかな~\(^o^)/

草木染め*毛糸をお茶で手染め挑戦!

もうゴールデンウィークの出来事ですが(笑)
下書き状態で放置していたのを忘れてました←←←

なので、気分は今年のゴールデンウィークな感じで続きを書きます((((^^;

******************


母が草木染めを習ってきて
毛糸が茶殻で染まるらしい。
と話を聞いてきたのでGWの自由研究的なノリでやってみます。


茶殻は毎日のものを冷凍庫に貯めておきました。
お手軽価格なものです(笑)


f:id:ykberry:20190604122931j:plain

染めるのはこれ。


f:id:ykberry:20190604122953j:plain

毛糸ピエロさんで買った染色用の糸(毛100%)です。
太さは極太。
鍋のサイズの都合で1カセ染めました。


f:id:ykberry:20191006125614j:plain



茶殻を煮出します。



f:id:ykberry:20190604123159j:plain

毛糸はソーピング済みですが、一応湯通ししておきます。



f:id:ykberry:20190604123254j:plain

茶殻を煮出して濾したもの

確か何んとか媒染で何かをいれました
(※母に確認して覚えてたら書き出します汗)



f:id:ykberry:20191006125652j:plain


毛糸をいれます。
絡まないように…絡まないように…と気を付けながら撹拌します。


染まってきました❗
なんだろう和栗のモンブラン的な色合い?
緑じゃないんですね~

このあといきなり冷水にはいれず、冷ましてすすいで完了。



f:id:ykberry:20191006125916j:plain


ニット用のネットで室内干し。
たまにかせを動かしながら…すること1週間くらい
なかなか乾きません😥

そして乾いたのがこちら!
どーーっん!

f:id:ykberry:20191006130236j:plain

やっぱモンブラン的な色合いですねー
美味しそう

何を編もうかな~🤔
とりあえずゲージを編むことからですね!

******************


ということで染めてから数ヶ月立ちますが巻かれたまま寝かされてます(笑)

このときはもうちょい専門的な手染めを体験しに京都まで行くとは考えてもいませんでした~
ということで次の記事へ続きます\(^o^)/w

knitting cottonで編む粒々レースのカーディガン

今年の夏の間に編んだのはknitting cottonを使ったPattern Little Press vol.2より粒々レースのカーディガンです。

f:id:ykberry:20191003145036j:plain


色は定番のグレーを。
新色の藤色もきれいでしたね!



f:id:ykberry:20191003145139j:plain

正面と



f:id:ykberry:20191003145159j:plain

後ろ姿
後ろ中心のタックはあまりキレイに閉じられませんでした😅💦
もたついてしまった💦

実はそでにもタックが入るんですが、目数もあってるはずなのにタック分の長さがとれず…あ、あれ??😅

f:id:ykberry:20191003145414j:plain

たっぷりとした身頃は編むのに時間はかかりましたが、Tシャツと合わせやすく使いやすいです。
模様もわかりやすくて編み図を頻繁に見なくてもやりやすく、透かし部分から風が抜けるのでそれもまた着やすい😃✌️
さすがに真夏は無理ですが、クーラーの効いた室内ではぴったりです。

去年のPattern Little Pressはknitting cottonのみでしたが、今年のno.2からはリネンの糸でも同じ編み図を使って編める一石二鳥な作りになってて面白いなーと思いました。
リネンは編むのが苦手ですが、来年の夏は挑戦してみようかな!😄💪

knitting cottonで編むeccominさんの半袖サマーニット

昨年参加したワークショップだったのですが、ブログに書き忘れていたので!

DARUMAのknitting cottonでサマーニットです。
使用数:8玉
※DARUMAさんの本とはまた違うデザインです

前から
f:id:ykberry:20190625111114j:plain


後ろ姿
f:id:ykberry:20190625111143j:plain


肩はラグランで
f:id:ykberry:20190625111228j:plain

ラグラン袖初めて編みましたが、なんとかクリア!
身頃と袖の接続部が複雑でしたが、面白い仕上がりだなーと思いました。

このDARUMAのknitting cottonは太いけど、重くなくて編みやすくて好きです!
毎年夏は綿糸は重いし、
リネンは編むのが苦手で…(リネンはなぜか本通りのゲージがまるで出ない)

今年の夏はDARUMAさんの新作本のカーディガンを編もうと思っています!

平成に始めたものは平成のうちに

平成最後の日です。
特にだからといってどうと世の中が騒ぐほど思わないのですが、
1つだけ目標にして頑張ったことがあります
それは!題して!
「平成に作り始めた作品らしいのだが平成のうちに完成させる!!」
なにぶん作り途中で新しいものにドンドン手を出したせいで未完成がぞろぞろと苦笑
完成しなかったものもありますが!
完成したものを!

①ゆるりシルエットのカーディガン※アレンジ有
(2018年4月編み始め)

毛糸 ダルマ ウールモヘア

f:id:ykberry:20190430200742j:plain

別の色で1着目を編んだので色を変えて2着目に

f:id:ykberry:20190430200833j:plain

2本取りで編むところも含め全部1本取りで編み、12号を10号に下げて編みました。
このへんで5月になってしまい、暑くてモヘアを編んでられず…
寝かせ…

じゃん!完成!

f:id:ykberry:20190430201306j:plain

袖丈も少し短くして、丈は長くしました。

f:id:ykberry:20190430201413j:plain

素敵な色です(о´∀`о)

② “Leftie” pattern by Martina Behm
(2017年8月編み始め)

もう遥か彼方前に初めての英文チャレンジで日記に書いた作品です。
http://ykberry.hatenablog.com/entry/2017/08/27/230132

f:id:ykberry:20190430202738j:plain
途中増し目の数を間違えてるのでちょっと角度が違います(苦笑

2.5mmで編んでいくため、本当に進まず…
編みかたはレシピが1枚ですんでしまうほど単純な繰り返しですが(汗
たまに進めては休ませ…を繰り返し…
なんとか丸2年になるまえに終わりましたハハハ

f:id:ykberry:20190430202329j:plain

巻いた雰囲気

f:id:ykberry:20190430202348j:plain

この葉っぱの部分以外はひたすら端で増減しながらガーターを繰り返し


f:id:ykberry:20190430202436j:plain

肩にかけるとこんな感じ

糸はほぼ全部使いきりました。

f:id:ykberry:20190430204105j:plain

なるたけ使いきりたかったので、実は染め糸で終わるところが灰色の糸で終わってます(笑)

初ショール作品!\(^o^)/万歳



③マルティナさんの靴下
(編み込み模様入り)

たぶん去年の春に“alter knit”という編み込み模様の図案の本が発売されて、
模様を使いたくて編み始めた靴下です。
編み込み部分を編み終わり満足し放置…(笑)

f:id:ykberry:20190430202925j:plain
毛糸は2色ともopalです

f:id:ykberry:20190430202938j:plain

ハート模様を入れました。

f:id:ykberry:20190430203240j:plain

編み図は梅村マルティナさんの靴下編みからです。
あとは以前は2.5mmで編んだのを1号下げて、2.25mmで編みました。
その差は大きく、足にピタッとする良いサイズ感で編めました。

以上\(^o^)/3点です!!

カーディガンとショールが一つずつ残っているのですが、
2つとも重大な失敗が見つかり(´Д`)
どうにもならなそうなので持ち越しです(ヽ´ω`)
令和の時代もじゃんじゃん編むぞ!!

野口智子先生の“襟の詰まったカーディガン”完成!

もう遥か半年ほど前の去年の夏…
野口智子先生の“襟の詰まったカーディガン”のWSに参加しました
が!2回目の授業に風邪で欠席😱
それから謎の怒濤の忙しさに追われ、
気がつけば年が明け(  ̄- ̄)

…やっとこさ2回目の授業の補講を申し込みました😂

糸は60さんのコットンアクリルの糸です。
時間があいて非常に中途半端な制作過程写真しかありませんが…

f:id:ykberry:20190321174251j:plain
後ろ身頃と前身頃に脇を片方とじた所


f:id:ykberry:20190321174444j:plain

このデザインの見せ場?な袖
慣れるとそんなに複雑なはずではない模様なんですが、編めども編めどもなかなか進まず😂
本当に両袖を編むのに時間がかかりました😂

というわけで完成写真です

f:id:ykberry:20190321180252j:plain

ボタンは悩んで悩んで青のボタンに。
白でもイメージ変わったかなー
そういえばボタンの付いたウェアは初めてかも。
メリヤス部分も水通ししたら結構落ち着きました。

f:id:ykberry:20190321180307j:plain
着画像。自撮り(笑)
(三脚だすのめんどks…ゴホゴホ )
袖は着ると広がります。

カーディガンは2着目ですね!
(1着目はモヘアのカーディガン)

長い道のりでしたが、達成感たっぷり!
まだまだ着れるシーズンなので活躍してもらいたいです(^o^)

やっぱりセーターよりカーディガンの方が出番が多い気がするので、大変だけどカーディガンをがしがし編んでいきたいなぁ~

追記
今回やっと肩の引き返し編みを自力で本をチラ見しながらできるように!(笑)
今までは毎回本を開いても頭抱えて先生に泣きついていたので←
私にとっては進歩を感じた出来事でしたwww

松屋銀座の魔法の毛糸フェアへ

「~しあわせを編む~マルティナさんと魔法の毛糸フェア」に行って来ました


f:id:ykberry:20190311221127j:plain
(縦写真が横位置になってしまう問題は未解決です…申し訳ありません)


私がopal毛糸と出会ったのは2012年のベニシアさんの番組をたまたま見かけた事でした。
もう7年も前になるんですね。
震災から8年。
KFSのブログを初めてみた頃からもう8年経ったんだなーと
もう8年なのか、まだ8年なのか、難しいなことだと思います。


それまでソックヤーンというものを知らず、初めて編んだソックヤーンがopal毛糸でした。
それからopal毛糸の魅力には飽きることなく、色々な作品を編んできました。
マルティナさんのドイツ流の編み方もとても参考になります!
きっとマルティナさんの靴下の編み方本がなければ未だに靴下の編み方が理解できずに編めなかったと思います。

今回の松屋のフェアではニットミーティングなる初の試みということで、
これはいかねば!と早速参加してきました。

会場でスタッフさんが身に付けている作品も素晴らしいのに、
更に色々な方の作品がみれるなんて!

みなさんの熱い思いを30分みっちりと聞かせていただきました。
私の作品も誉めていただいたり、
マルティナさんに見ていただけたり、
参加して本当に良かったです。
更なる作品作りへの意欲がむくむくと沸いてきました(о´∀`о)
次の目標はウェアですね!
カーディガンを着られてる方が多く、
難易度は高いですが是非作りたい!と心に決めました!
(バックワースセーターをベースにカーディガンの型へアレンジ…かなぁ汗)

今回のフェアでの戦利品はこちら!


f:id:ykberry:20190311223310j:plain

ぽっちゃりくんになるかもしれなかった6本撚り毛糸!
サンプル品のレア物だそうです。
何色かあって迷いに迷ったのですが、一番好みの青系をチョイス。


f:id:ykberry:20190311223505j:plain
気仙沼たまご ママの手巻き糸
こちらも廃盤色などが入ったレアセット?なのかな?

…弱いですね、ここでしか買えない、って言葉に。

気になったのは量り売りコーナー
大きなコーンから好きな重さで買えると言う斬新なコーナーでした。
悩みに悩んで悩みまくって(笑)
買い始めると止まらなさそうなので←
断念しました(笑)
他に毛糸を買わなければ、好きな色で合計100gとか!いいですね!

毛糸もすっかりまた増やしてしまったし!
頑張って編んでいきたいと思います\(^o^)/

私の目標はいつか気仙沼のお店に伺うことです。
三陸鉄道も全線開通すると言うことなので、三陸鉄道途中下車の旅をしたいなー